日本と海外の違い

日本とアメリカの食生活の違い

日本とアメリカの食生活の違い

今回は日本とアメリカの食生活の違いについて紹介していきたいと思います。

海外ではよく「日本人は食べても太らない」と言われているのです。

実際、アメリカに住んでいる人や、長期滞在をしている日本人は太ってしまう傾向にありますし、逆に日本に長期滞在しているアメリカ人は痩せる傾向にあるので、日本人だから太らないという訳ではなく、日本の食生活が関係していることがおわかりいただけると思います。

では、日本とアメリカの食生活では、どのような違いがあるのかを見ていきましょう。
1つ目は、食生活の特徴の違い
日本の食の特徴とは、薄味な物が多く、色々な出汁があり、出汁を変えるだけで、少し変わる味の違いを大切にします。 逆にアメリカの食の特徴は、味が濃い、量が多い、油っこい料理が多く、ケチャップやチーズを使っている料理をよく目にすると思います。 またサイズも大きい物が多いです。 そしておふくろの味にも違いがあります。 日本のおふくろの味として代表的な物は、味噌汁があげられていますが、一方アメリカのおふくろの味というと、アップルパイやチェリーパイなど、パイ系の物が多いようです。 またアメリカのお菓子を見たことがある人が多いと思いますが、とても甘いと言われています。 またカラフルなお菓子がたくさんありますし、ケーキに使われる生クリームも原色でカラフルなクリームで厚くデコレーションされています。 日本のケーキに使わせる生クリームは、そのようなカラフルな物は少なく、程よい厚さにデコレーションされていますし、甘すぎるということはありません。 またアメリカの食べ物は日本に比べると野菜がとても少ないのです。 日本でも外食が多い人は、野菜が不足してしまいがちですが、不足していると感じた時は、しっかりサラダなどで野菜を食べるようにしますが、アメリカでは野菜が不足しているとビタミン剤などでカバーをしようと考えているので、考え方から少し違うのかもしれません。

2つ目は、食育があるかないか
日本人とアメリカ人の食への意識への大きな違いは、日本人はアメリカ人よりも健康的な食事のイメージがはっきりしている点だと思います。 日本では、このようにはっきりイメージ出来ているのは、学校の給食のあかげではないでしょうか。 学校で出されている給食は、栄養士がしっかり栄養を考えながら献立を考えているため、バランスが良いです。 日本では、食育を重要視しているので、子供のことから栄養バランスについて学びます。 このように経験と共に学ぶというのは、日本くらいではないでしょうか。

3つ目は、胃腸が強さです。
日本人は、胃腸が弱く脂っこい物や甘い物を食べると胃もたれを起こしたりします。 そのため、アメリカの人に比べるとあまり多く食べることは出来ないため、太りにくいと考えられます。 また油っこい物をたくさん食べると次の日は、すごく胃もたれを起こしたり、胃が痛くなったりする人もいると思います。 ですが、アメリカ人は、油っこい物や甘い物が大好きですし、食べる量が日本人よりも多いのです。

4つ目は、手軽に食べる物の違いです。
日本では手軽に食べられる物と言うと、コンビニに売っているおにぎりやサンドイッチだと思いますが、アメリカの人からしたら、ピザが手軽に食べられる物のようです。 アメリカ人は、少しお腹が空いたら、ピザを食べるという人が多く、日本人で言うおにぎりやサンドイッチと同じ感覚でピザを食べているのです。 日本では、ピザは手軽に食べられる物ではありませんよね・・・

どうでしょうか?日本とアメリカの食生活には、このような違いがあることがおわかりいただけたと思います。食生活もそうですが、住んでいる国によって食べ物に対しての考え方にも違いがあることもわかったと思います。

食生活の違いから肌のきめ細やかさも違いを感じられます。アメリカの西海岸は特に日差しが強く、サングラスをしていても目を痛めてしまうほど。。そんな強烈の日差しは肌のダメージにつながってしまいます。しかも、日本ほど肌の手入れもしていないので、たまに若い女性でも目の周りのシワが気になってしまいます。この前たまたま見つけたホームページでアイクリームの特集をやっていたので、ロスに住む友人に送ってあげたところ、とても喜んでくれました。それがこちらです。→アイクリームおすすめガイド【コスパ最高】若見え効果で選ぶなら?

ちょっと話が脱線してしまいましたが、この他にもたくさんの違いがあると思いますが、日本の和食の力は絶大だと言えるのではないでしょうか。

ですが、和食だからといって全てが低カロリーという訳ではありませんが、アメリカに比べれば、低カロリーであっさりしている料理のほうが多いのは事実だと思います。

また日本でも近年では、ファストフードばかりを好んで食べている人達が多くなってきていますが、やはりそればかり食べていると体にとっても良くはありませんから、健康を考えるのであれば、やはり和食を中心に食べた方が健康にとってもいいかと思います。

やはり住んでいる国によって食生活に違いがあるのはもちろんなことではありますが、日本の食育ってすばらしいものだなと改めて実感しました。

日本の学校で出されている給食では、栄養士さんが子供の健康のために、1つ1つのバランスを考えて、1か月ごとに献立を考えてくれています。 このように経験をもとにして、授業でも食について学ぶことで、健康について、食事の大切差についても知ることが出来るので、食育はとても素晴らしいと思いますので、続けてほしいです。 wimaxについて姉妹サイトをオープンしました!インターネットをこれから使おうと考えている方は一度チェックしてみてください!一番得するwimax!