日本 海外 子育て 違い

日本と海外の子育ての違い

今回は、日本とアメリカの子育ての違いについて紹介していきたいと思います。

やはり住んでいる国や育った環境によって違いがあるのが当然ですし、考え方にも違いがあるので、子育てではどのような違いがあるのかを紹介していきます。

では早速違いを見ていきましょう。
1つ目は、部屋についてです。
アメリカでは子供が産れた時から自分の部屋を持たせています。 それは子供の自立心を養うためだそうです。 そして赤ちゃんは、夜寝る時は、ママと一緒に寝るのではなく、自分の部屋に1人で寝かせられるのです。 じゃあ「赤ちゃんが夜泣きをしたら、どうするの?」と思う人がいると思いますが、子供がもし泣いてしまったら、部屋に置いてあるトランスシーバーのような物が置いてあるので、泣き声が聞こえるたびに、ママが1回1回寝室から子供部屋に赤ちゃんをあやしに行くような形になっています。そして赤ちゃんが寝たら、ママはまた寝室に戻ります。 ですが、赤ちゃんが多少グズっている時は、放っておかれることが結構あるのだとか・・・ 日本では添い寝の方が子供の自立心を育むために良さそうですが、アメリカは治安の関係もあり、昼間は学校と習い事、友達の家に送迎など、大人が子供を監視しなければ親がペナルティを課せられてしまうのです。なので、自立心を育てるために、夜は1人で寝かせるようにしているようです。 それに子供を1人で寝かせた方が、ママもゆっくり休むことが出来て、体力の回復が早いのだそうです。 日本では、ママと赤ちゃんが同じ部屋で寝ているのが一般的で、子供部屋に1人で寝かせている人の方が少ないと思います。 これが普通だと思っていたので、アメリカのような考えにビックリしました。

2つ目は、お風呂についてです。
日本では、親子で一緒にお風呂に入るのが一般的ですが、アメリカでは、逆に親子でお風呂に入るという習慣はないようです。 では、子供はどうやってお風呂に入っているのかと言うと、親が服を着たままお風呂に入れて、ママはママで、1人でお風呂に入るのです。 そしてアメリカでは、6歳以上の子供が異性の親とお風呂に一緒に入ってしまうと、誤解を招き、養育権を剥奪させられてしまうこともあるのだとか・・・ これは日本とは全く違いますよね? 日本では、そのような決まりはありませんし、養育権を剥奪させることはありません。

3つ目は、夫婦だけでのお出かけについてです。
日本では、夫婦だけで出かけるということほとんどなく、家族みんなでお出かけをするという方が多いと思います。 一方アメリカでは、子供をベビーシッターや託児所などに預けて、夫婦だけでお出かけをするということが多いようです。 夫婦だけでお出かけをして、楽しく幸せに過ごせることは、子供にも1番の幸せではないかという考えのようです。 日本では、子供の誕生日プレゼントやクリスマスプレゼントなどを買いに行く時などしか、夫婦だけでお出かけすることがないという夫婦のほうが多いのではないでしょうか。 夫婦だけでお出かけするのも楽しいと思うので、日本ももう少し夫婦だけでお出かけするようにするといいのかもしれませんね♪

4つ目は、金銭管理についてです。
アメリカでは小学生くらいになると、子供にまとまったお金に渡して、子供自身にお金のやりくりをさせています。 もちろん学用品やおやつ、家庭により衣類も自分でやりくりさせているのです。 またもしもお金が足りなくなってしまったとしても、次のお小遣いの日までは絶対にお金をあげないようにしています。そうすることで、家事や掃除などを自分から手伝い、賃金を得ようとし、自分で使い方を計画させ管理させることで、自立心が養われるのです。 逆に日本では、親が金銭管理をしていて、月々にお小遣いをあげているのが一般的です。 金銭管理の考え方にも、差があることがわかると思います。

5つ目は、子供の褒め方についてです。
日本では、自分の子供の優秀さなどを他人に話してしまうと、変な目で見られてしまうため、逆に悪い所や至らない所を多く話してしまいます。 近年では、褒める育児法が定着しつつありますが、まだまだ出来ていないという親の方が多いかと思います。 確かに自分の子供の良い所を他人に話すことってないかもしれませんね・・・

一方アメリカでは、何に対しても子供を褒めますし、子供の出来の良さを他人に話しているのです。 「うちの子は天才なんだ」的なことを良い、しっかり褒めて育てるので、子供自身に自信が持て、何にでも積極的に取り組めるように育つのです。

このように日本とアメリカでは、さまざまな違いがありました。 そして今回のことで、やはり日本人とアメリカ人では、考え方からまったく違うことがお分かりいただけたと思います。

どちらの育て方もそれぞれいい点があるため、良い所だけマネをして育てると言い育てからが出来るかもしれません。