日本 海外 クリスマス 違い

日本と海外のクリスマスの違い

日本と海外のクリスマスの違い

皆さんは日本と海外のクリスマスにはどのような違いがあるかを知っていますか? なかなか海外のクリスマスについて知る機会がないと思うので、今回は、日本と海外のクリスマスの違いについて紹介していきたいと思います。

住んでいる国や宗教の関係で、日本と海外のクリスマスでは、過ごし方からかなりの違いがあるのです。 では、早速どのような違いがあるのかを見ていきましょう。

まずは日本のクリスマスの過ごし方などを紹介します。
1、クリスマスは、家族で過ごすというよりも、恋人同士で過ごす人のほうが多い
確かに家族で過ごしている人は少ないかもしれません。もし恋人がいない人でも家族ではなく、友達同士で過ごすという人が多いと思います。

2、デコレーションケーキやフライドチキンやローストチキンを食べる人が多い
デコレーションケーキは誰でも絶対に食べているくらい一般的だと思います。 食べ物に関してはその人それぞれで違いがありますが、フライドチキンと食べている人は本当に多いと思います。

3、恋人同士で過ごす人は、いつもよりいい物をプレゼントしている
記念日とかにもプレゼントをあげている恋人同士がいると思いますが、クリスマスは特に良い物をプレゼントしている人が多いかと思います。

4、子供にはクリスマス当日の朝、枕元にサンタさんからのプレゼントを1つだけ置いておく
これは私の子供の頃から変わっていない気がします。毎年子供が寝た後に枕元に置かれていて、起きると欲しかったおもちゃが用意されているんですよね♪

では次に海外でのクリスマスの過ごし方などを紹介します。
1、自宅で家族や友人、親戚を招いてホームパーティーをする
海外の人は本当に家族を大切にしているので、恋人と2人きりで過ごすというよりも、家族などでホームパーティーをするというのが一般的です。

2、シンプルなバターケーキやクッキー、七面鳥を食べている
日本では、生クリームでデコレーションされているケーキを食べていますが、海外ではシンプルなバターケーキやクッキー、七面鳥が食べられています。七面鳥は有名なので、多くの人が知っていると思います。

3、あまり高価じゃない物を家族や親戚などにパーティーの時に交換をする
海外では家族や親戚などでプレゼント交換を行われているようです。

4、子供は多くのプレゼントをもらい、クリスマスまでにドンドンプレゼントがもらえます。
そしてもらったプレゼントは、麩屋のクリスマスツリーの下に置いておき、クリスマス当日に一気に開封します。多くのプレゼントがもらえるのは、子供にとってもすごく嬉しいと思います。

これを見てもわかるように、海外ではデコレーションケーキは食べられていないようです。 また日本では、恋人同士で過ごす人の方が多いですが、海外では、家族など過ごすので一般的なのです。

海外の人は家族をとても大切にしているので、家族で一緒に過ごすという人が多いのです。

そして知らないという人が多いと思いますが、海外ではクリスマスとクリスマスイブは宗教的な意味合いがあるようですので、紹介しておきます。 クリスマスの12月25日は、イエス・キリストの誕生を祝う日なのです。 そしてラテン語で、「christ(キリスト)」「mas(礼拝)」という言葉から始まったようです。 これを見てもわかる通り、特別な意味があることがわかります。

そしてクリスマスイブとは、ユダヤ歴や継承する教会で、太陽が沈む日没を日付の変わり目としています。 ということは、クリスマスと言うのは、24日の夕方から25日の日没直前までのことを言うのです。

また日本人は、クリスマスイブはクリスマスの前夜祭と思っている人が多いと思いますが、実はevening(晩)という意味なんだそうです。

日本人でクリスマスやクリスマスイブの意味をしっかり知っているという人は、ほとんどいないかと思いますが、このような意味がある特別な日だということを覚えておくといいかもしれません。

また海外では、クリスマスにクリスマスカードをみんなに贈っているようです。 恋人はもちろん、家族や友達など、色々な人に不安の感謝の気持ちを込めてクリスマスカードを贈っているのです。

日本では恋人にプレゼントをあげているものの、クリスマスカードを贈っているという人は、ほとんどいないと思います。 また家族になんて照れくさくてあげるという人はいないと思います。

このように海外と日本のクリスマスには大きな違いがあることをおわかりいただけたと思います。 住んでいる国が違いますし、宗教関係で違いがあるのはもちろん、楽しみかた、過ごし方、食べ物に違いがあって当然なことだと思います。

クリスマスやクリスマスイブの意味をしっかり知っておくことも大切なことだと思いますが、だからといって今までの過ごし方を海外に合わせて変える必要はないかと思います。

国ごとによって楽しみ方に違いがあった方が楽しいと思いますし、その国ごとに良いところありますから、今まで通りに過ごしていればいいと思います。