日本 海外 就職活動 違い

日本と海外の就職活動の違い

日本と海外の就職活動には、大きな違いがあることを知っていますか? 海外で働いてみたいと考える人は知っているかもしれませんが、それ以外の人は違いを知らないと思いますので、今回は、日本と海外の就職活動には、どのような違いがあるのかについて紹介していきたいと思います。

住んでいる国や環境が違いますから、就職についての考え方にも違いがあって当然ではありますが、就職についてどのように考えているのかなどを見ていきましょう。

まずは、アメリカの就職活動の考え方は、経験やスキルが重視されています。 そしてアメリカの就職活動では、学生のうちからインターシップをして履歴書作りをしているのが一般的で、アメリカの就職活動では、仕事経験が全くのない学生が職を得るのは厳しいことなのです。

またアメリカの就職活動の特徴として、アメリカの学生というのは、勉強量がとても多く、日本の就活生であったら時間が取れないほどの勉強量のようです。

そのため、大学の1番最後の学期・卒業後に自分のタイミングを考え、職探しをし始めるのが一般的なので、基本的にアメリカには、就活シーズンという物がなく、年中会社の職に応募することが出来るようになっているのです。

また先ほどもインターシップの話をしましたが、高校生か大学生のうちから、夏休みなどを活用して、積極的に企業の実施している長期のインターシップに参加しています。

そしてインターシップで、学んだことを活かし、実践的な経験を積むことで、卒業後に就職先の即戦力として働くことが出来る準備をするという学生が非常に多いのが特徴になります。

そして次に、ヨーロッパの就職活動では、専攻を活かせる職種を選ぶ傾向があります。 入社後には、同じ職種で勤務し続けるのがヨーロッパの文化であり、もしも転職をしたとしても前職と同じ職種に就くというのが基本なのです。

またヨーロッパでは、日本とは違い、新卒一括採用というのがないため、就職浪人とする人がいないのです。この点は、日本とはだいぶ違う点だと言えるでしょう。

ということは、ヨーロッパでは新卒だからといってメリットにはならないということです。


そして特にイタリアやギリシャ、フランスなどでは、卒業後にスキルのない若者は、就職が非常に厳しいと言われています。 またイギリスなどでは、将来性を雇用の判断基準にしている国に行く傾向があります。

その他にも、フィンランドの就職活動では、高校を卒業後に、大学に行くというのは少数で、フィンランドは、高校を卒業してから休憩する期間というものがあり、その期間は友達を遊んだり、バイトをしたり、自分のやりたいことを見つけたりと、自由に過ごす期間なのです。

自分探しをする期間を尊重する人が多いというよりも、こういった文化があると考えられます。 これも日本とは大きな違いではないでしょうか?

これらを見てもわかるように、海外の就職活動では、スキルを必要を考えている国がとても多いようです。

そのため、海外では学生のうちから、しっかりスキルを磨いていくということを意識して過ごしている学生が多いのです。 そして海外の企業では、経歴などではなく、その人の能力に期待しているという企業が多いということです。

一方日本の就職活動では、大学を3月に卒業し、4月に新入社員として一斉に働く、新卒一括採用が一般的になっていますし、海外とは違い、新卒性が有利になるのです。

日本と海外の就職活動のどちらがいいのかと考えてみたとしても、しっかりとした答えを出すことが出来ないと思いますが、これからもグローバル化がドンドン進んでいくので、海外で仕事をしたいと考える人も多くなっていくかもしれません。

なので、日本の就職活動について知っておくことももちろん大切なことですし必要なことですが、海外の就職活動についても少し知っておくと、いざと言う時に役に立つかもしれません。

これを見てもわかるように、日本と海外の就職活動には大きな違いがありました。 高校や大学に在学中は、「就職はまだまだ先のことだから」と就職についてあまり考えていない人が結構いるかもしれませんが、学生生活というのは本当にあっという間に過ぎていってしまう物なので、早めに自分の就職について考えるようにした方が良いでしょう。

また海外で働きたいと考えている人が多くなりつつありますから、海外で働きたいのであれば、そのようにみんなよりも早く行動していかなくてはいけませんし、しっかり計画をしなくてはいけないと思います。 そして海外で働きたいと考えていても、その国によって、就職活動に対しても考え方、特徴に違いがあるため、自分がどこで働きたいと考えているのかしっかり考え、その国の就職活動の仕方をあらかじめ確認しておきましょう。

早め早めに自分の将来について考えた方がいいと思いますし、遅くても高校に入ったくらいから自分の将来について少しずつ考えながら過ごすように意識して学生生活を送ってみてはいかがでしょうか。