日本 海外 タトゥー 考え方 違い

日本と海外のタトゥーの対しての考え方の違い

日本と海外では、やはりタトゥーに対しての考え方がまったく違うと思うので、今回は紹介していこうと思います。

まず日本人はタトゥーに対してどのように思っているのかを紹介します。 日本でも芸能人でタトゥーを入れている人がいると思いますが、テレビ各局では芸能人からの影響力を考えているとともに、刺青は暴力団関係者を連想してしまうということを考慮し、仰々しいタトゥーを映すことを規制する方向に考えています。

日本人の多くは、タトゥーというのは、反社会的人物だと考えています。他にもカッコ悪い、バカバカしい、かっこつけている、まともな仕事に就けないという風に批判をする人が非常に多いです。

そして日本人にとってタトゥーはヤクザの象徴であり、周囲の人にもいい気分を与えないものだと言われています。

また日本では、タトゥーが入っていることで困ることがたくさんあります。 まずタトゥーが入っていると、入場禁止の場所があります。 タトゥーがどこかに入っているだけで、銭湯・温泉・プール・ジムなどの公共施設に入ることが出来ませんし、場合によっては、ビーチなども立ち入れ禁止になる事があります。

少しでもタトゥーが入っているだけで色々な所に行けなく制限させてしまうのは辛いですよね?また若い時に入れたはいいけど、結婚して子供が出来たとしてもプールや温泉に一緒に行くことが出来ないので、子供にとっても申し訳ない気持ちになってしまうという人もいます。

また親がタトゥーは入っていることでいじめにあってしまうという子供もいるのではないでしょうか。 こうなってしまうと本当に申し訳ない気持ちになってしまうと思います。 子供が出来たことで、タトゥーを除去する人もいると思いますが、除去するにも多額の費用が必要になるため、簡単に消すことが出来ないのです。

そして就職にもふりになることがあります。 タトゥーが入っているのが見えてしまうと悪印象を与えてしまいますし、公務員や営業、一部のサービス業などには向いていないと言えるでしょう。 確かに営業の人にタトゥーが入っていると、やはり印象は良くないかもしれませんね。

また大手企業では、他人のお手本になるような人を求めているため、タトゥーが入っている人は、他の人のお手本になりませんから、大企業からは嫌われます。

他にも、場所によっては、検査時にMRIを使うことが出来ない場合があるようです。 MRIが使えないというのは世界で共通しているようです。 事故や怪我などの検査で使わなくてはいけないのに、タトゥーがあることで使えないというのは大変だと思います。

このように日本ではタトゥーを入れている人に対していい印象はないということがおわかりいただけたと思います。

ですが一方海外では、タトゥーに対してどのように思っているのかを紹介していきたいと思います。

海外でのタトゥーというのは、ファッションや主義主張の一環としてタトゥーを入れているという人が非常に多いです。

ですが、程度には差がありますが、海外でも日本と同様に社会的な位置づけは決していいわけではありません。

また海外のスポーツ選手はタトゥーをしている人が多いですし、見える所に大きく入っている人が多いです。


海外の人は色々な所にタトゥーが入っていたり、体だけではなく、顔にもタトゥーを入れているという人も多くいるのです。 日本で顔にタトゥーを入れている人はほとんどいないと思うので、初めて見た時はビックリしました。

このように日本と海外では、タトゥーに対しての考え方、周りからのとらえかたがまったく違うことがおわかりいただけたと思います。

海外の人では、日本によりも批判されることがないので、日本に来ると、色々な制限があることにビックリするのではないのでしょうか。また制限がありすぎるので、厳しすぎると感じている人も結構多くいるかと思います。

私の知り合いや友達にも、タトゥーを入れている人がいますが、何処かに出かける時はサポーターなどをして隠して、人に見えないようにしています。

また子供が産れてから、タトゥーを入れたことに後悔したという人もやはりいいました。

若い頃は、タトゥーがかっこいいと思い、勢いで入れてしまう人がいますが、1度入れていれてしまうと簡単に消すことが出来ませんし、お金もかかってしまいます。

入れるのも消すのも、簡単なことではありませんから、今もし入れようか考えている人は、先のこともしっかり考えた方が良いでしょう。

そして企業に入りたいと考えるのであれば、自分の将来のためにも、入れたくてもいれないようにしたほうがいいかと思います。

タトゥーが全て悪いということではありませんが、周りの人から見たら、やはりいい印象がないという人が多いので、そういった目で見られてしまうということも考えておかなくてはいけないと思います。

女性は特に子供が産れると、行事などに参加しなくてはいけませんから、無い方がいいのかなと思いますので、それらを踏まえてしっかり考えてみるといいでしょう。